柴犬ハナの観察日記

<   2005年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

チビと体操~つづき1~

年中サンで始めた体操。
毎晩、痒くて泣き続けたおかげ?か、彼女の腹筋はたいしたものでした。
なにせ、逆上がりを腕の力だけであがってゆくんです。
先生もおだててくれて、先生も体操も大~好きになりました。

な・の・に
年中サンのコタイ募集時期に、「私もヤル!」
とめましたわ。
「体操どうするの?」
「ん~」
「辞めない」
「でも、毎日練習あるし、練習終わってからじゃ、体操も終わっちゃうよ。」
「ん~?じゃあ、体操無理だねぇ~」???
なんで?そこで体操辞める方になるわけ?


結局、説得の甲斐もなく体操を辞めコタイに入ることにしたのです。

コタイ最初の練習日、この日は説明会も兼ねて、見学もできました。が!
前日の夜は、毎晩の繰り返し、寝れるはずもなく
案の定、1日の疲れと60人近く+親が講堂に集まった熱気でかゆみがでて、
泣き疲れて・・・・・眠ってしまいました。

やっぱり!(;>_<;)
その足で、退会をもうしでましたわさ。
でも、プロ意識のある主任先生。
「私達は、プロです。子供さんがしたがっていることを親の都合で辞めさせていいんですか?」

そんな~おどかされても。。。。
他のおかあさんの目もあるし。。。
集団行動できないんだし。。。

「こういうお子さんで、集団ではできないと考え、ピット(キーボードチームです)にしました。
ご不満ですか?」
「いえいえ不満ということでは。。。」
その間、先生のウンヌンカンヌン

ハナママ、開き治りました!
「そこまで言われるのならお願いします。できるだけのケアはしますので。」
結局、1年間、他の保護者の協力もあって無事に過ごすことができ、
ディズニーランドでもパレードさせてもらうという素晴らしい思い出ができました。
(実際には、親の思い出で、彼女達は、幼稚園児というサイズなため、どこで何をしてるかよくわかってなかったようです。)

当時、ピアノもできない娘をキーボードチームに入れ、一番チビなのに
一番大きな楽器をあたえるには、先生も賭けだったのでは?とおもいます。

で、体操に戻ります。

コタイも次の学年に世代交代をし、引退したある日。
「体操は、いつから行くの?」
「え?辞めたんじゃなかったの?」
「ううん。お休みしてただけだよ。」

あっそ~。休んでたんだ~ふ~ん???

結局、暇になったチビ。また、体操復活を試みました。
まだ、プール入る許可(塩素が皮膚によくないからとプールは禁止になっていました)が、
でてなかったので、体力づくりには丁度いいかぁの気持ちで。
&仕事で忙しかった私。50分あずかってもらえてラッキー。

それが、今の苦悩の始まりです。
いえいえ、まだそこでは苦悩ではありませんでした。
ただのおけいこですもの。

ところが。。。。長くなってしまったので、次回を最終回にします
[PR]
by haruhanayo | 2005-04-29 23:18 | 経口減感作

チビと体操

上の子が幼稚園の年長サンのころ鼓笛チームに入っていました。
来る日も来る日も練習で、チビはいつも送り迎えについてきていました。

「私も入る!」チビにとっては憧れのコタイさんなのでしょう。
当時の先生に「大太鼓する~♪」なんて交渉していました。
誰もが、「そうねぇ~。待ってるね」そんな風に声をかけてくださっていました。
私も笑って見ていました。

当時、アレルギーがらみの幼稚園生活への不安まっただなかだった頃です。

少しでも自分の目で見ておきたいと幼稚園併設のスイミングへ申し込みました。
ところが、全身のかき傷に塩素がしみて、水の中にはいることさえできません。
2回目で、「無理をしない方がいいのでは?」とコーチに言われ退会しました。

上の子が通っている幼稚園では、毎週プールの授業がありました。
プールのない幼稚園にいれようか?
給食はどうしよう?
幸いなことに、先生方は一つ一つの心配事に、いろんな提案をしてくださいました。

給食は、幼稚園の給食室でつくられています。食べられない時には、食べれるものに可能な範囲で、調理を変更する。ど~してもダメな時はお弁当をもたせる。
プールは、見学。
などなど

結局、心配はつきないけれど、勝手のわかっている同じ幼稚園を選択しました。

で、長々どうして体操と関係あるの?って?

先ほど書いたコタイ。ど~しても忘れないんです。
彼女にとっては、これに入るために、お兄ちゃんと同じ幼稚園に行く!ってことでしたの。
やりたいって言うものやらせればいいじゃない。そ~なんですけれど。。。。
この幼稚園のコタイ。全国大会に出場してしまうほどのドリルチームなんです。
ドリルってことは団体競技。
そりゃ~県の予選を勝ち抜いて全国大会に出場するために、幼稚園児とは思えないほどのみごとなできです。(あっ、ちなみにお兄ちゃんの時には、全国大会の幼稚園の部がなくなってしまいました)

そんなにみごと=幼稚園児とは思えない練習量

毎日、痒い痒いで、2・3時間おきに起きて、充分な睡眠も取れないような子のやれるものではない。そう思っていたんです。
なんとか気をまぎらわそうと、もうひとつの特技である逆上がりを活かすべく、体操クラブを勧めました。
幼稚園の体操クラブは、外で行われます。=砂ぼこり
さほど遠くないところに、体操スクールがあります。

スイミングはできないし、体力つけるには丁度いいかも   いまでは付き過ぎ!!
そう思って、幼稚園が終わったあと体操スクールに通いはじめました。

つづく
[PR]
by haruhanayo | 2005-04-28 18:27 | 経口減感作

呼吸の検査

60滴になってから3週間。
結局あれからジンマシンはでませんでした。
60滴クリアか?

今日は、診察前に呼吸の検査。

うすうす感付いてはいたものの。
やっぱり、呼吸能力が少なかったようです。

シングレアが処方されてしまいました。

健康な人なら80%でるところが、チビは70%しかなかったようでした。
7月まで、シングレアを飲んで、再度呼吸の検査だそうです。

毎日毎日、炭マ(炭酸マグネスウム:体操選手が手につけるすべりどめ)の中で、練習をしていれば自虐的な気もします。
辞めていただいたほうがいいのかしら?そんな気持ちもよぎります。
本人は、つらい柔軟も頑張って、まけじとガムシャラに頑張っているのですけれど。。。

お世話になっているコーチ、自分のお子さんだったらどんな判断を下されるでしょう。
私が、本人だったら。。。。楽な方へ流れるかなぁ~
[PR]
by haruhanayo | 2005-04-27 21:08 | 経口減感作

初 家族万博

お兄ちゃんと相方を西ゲート付近に送り届けてから、チビの迎えに。
アピタに車を置いて、初家族万博(笑:ホントバラバラな家族です)

いつものようにゲートを通過したはずなのに

ピンポン!

なんでー???!Σ( ̄ロ ̄lll)


スタッフ:何事もなかったかのように冷静に
     「かばんを持って移動してください・・・」

えっー何も持ってないよ??
なにやらハンドスキャナーみたいなもので再チェック
何にもないのにピィピィ鳴るんです!!
どうやらファスナーに反応したらしい!Σ( ̄ロ ̄lll)

やっと開放されたもののチビに「並んどいて!」と頼んでから
随分時間がたってしまいました(焦)
なにせ体力あるもんだから早いんですよ彼女。

しかも気が付いた。
ハナママの行きたいのは三井・東芝館!
依頼時に、口から出たのは三菱!ゲッ逆方向ジャン!
入り口できょろきょろしていても見当たらず、結局携帯をならし
所在を確かめました。
もう三菱に居た。はやっ!
待ち時間は1時間20分。

やっとこさJRリニア館のあたりまできたら
「すぐ入れま~す。」の声が。

呼び戻しましたわさ。便利。携帯ヘヘヘ
そこで、リニアの車体の中を見学しました。

ずっと車両の中を抜けるとまたまた声が。
「15分でご案内できますよ~。」3D映像の方からでした。

ようやくここで、相方に連絡がとれ、なんとお隣の超伝導のところを出たところだったので合流。家族イベントらしくなって来ました(笑)

見学の後はスタンプ探し!

その後、再度三菱未来館に行ったら20分待ちでした。ラッキー!!
相方もお兄ちゃんも夜間券で入って、企業パビリオン2つも見れてラッキーでした。

トイレを求めて少し歩くと遊園地みたいなところが...
「マイナス30度」って建物と「ディスク・オー」とかいう乗り物
ハナママ家族は、スリル系は苦手なので。。。横目でみてましたが、
ディスク・オーの席はガラガラでした。(イタリアから直輸入。この地区初って叫んでたのにねぇ)
大好きな人には物足りない乗り物かもしれないけれど、、楽しみたい方は、夜がお勧めですよ。
隣にあった水木しげるのゲゲゲの森ですっかり時間を過ごしてしまったので、
外国パビリオンでは、シンガポールに入っただけで、
お隣のニュージーランドは、終了していました。その後は、終了の建物ばかり。
グローバルコモン6だけ早いのか全体的に遅くまで仕事をするお国柄ではないのか
9時半の閉園のはずなのに...ちょっと残念です。
25日から夏時間になるようですが、そのあたりは改善されるのでしょうか?

ここから北ゲートに向かうには少し距離があるし、万博会場の混雑をさけて西ゲートからでて、公園西からリニモに乗りました。
万博会場にはあふれるほどの人が乗るけれど、技は必要ですが、満員電車に乗りなれている人なら大丈夫。
でも、西ゲートからは随分歩きます。

帰りは、アピタまでタクシーを使おうかとも考えましたが、一旦リニモ利用を選択すると
通路がタクシー乗り場には合流できず、選択の余地がありませんでしたが、
大人220円×3 子供110円なので、タクシーよりはずっとお得になりました。

JR館・三菱未来館・シンガポール館
JR館   建物のなかからリニアが飛び出している目立つパビリオン
      3部構造になっていて、西から超伝導の仕組み解説・車両・3Dシアター
      車両は、実車で万博会場に持ってくるまで大変だったとニュースで話題にも
      なったようです。
      3Dシアターの方は、プレルームで近代史のようにイギリスで産業革命の発端とも
      なった汽車の誕生から、近年までの電車の歴史を見ます。
      その後、シアターに移動し専用眼鏡をかけてリニアの走行シーンの再現を見ます
      リニアが迫ってくるし、目の回るスピード。さすが580kを記録しただけあって?
      映像の切り替わりが早いです(笑)

三菱未来館もしも月がなかったら
      はじめはロボットがお出迎え、英語やら中国語やら韓国語などなどバイリンガル
      中へ入ったところで月と地球の会話がはじまります。
      そしてこちらもシアターへ移動
      「衝撃のある音響効果・・・・」となにやら注意事項がありましたが、
      迫力のある音と映像でした。隣のおばさん(あっ!自分もおばさんか?)なんて
      何度も身をかがめたり、ふせたり忙しかったですよ(笑)

シンガポール館
      入館まえにビニル傘を渡されます。
      入ってすぐのところで、現在のシンガポールの映像が映し出されます。
      なにげにスタッフの「かさ、さしてクダサ~い」の声が
      するとポツポツ雨が降り出して、すぐにスコールに
      カメラやビデオを持っている人は気をつけてね。
      そこを通り抜けるとふしぎな人形がお出迎え。
      その後、大きな図書館に出ます。美女と野獣の図書室のイメージかしら。
      本を開けると中にいろんなものが入っています。

      何をあらわしているのか説明してくれるなり、パンフがあればもっと楽しめる?

      最後にマーライオンがお見送りしてくれます。
      
[PR]
by haruhanayo | 2005-04-24 23:59 | 愛・地球博

獣医さん

狂犬病予防接種の葉書をながめては、どうしよっかなぁ~

それもこれも獣医さん慣らし作戦を決行するはずだったのに、
めまぐるしい?年度がわりの忙しさ&万博に遊びほうけてサボっていたから。。。

嫌なら嫌なままいつもの獣医さんで、あばれまくってすませようか?新しい獣医さんにいちかばちかかけてみようか?

結局、試してみなくてはわからないということで、新しい獣医さんに行くことにしました。
ここはチョビがお世話になっているので、スタッフの方や先生とは初対面ではありません。

時期が時期だけに他のワンコも多いかな?予想通り駐車場は満車。
でも、診察室が2つあるため待合室には、キャリアに入ったネコちゃんが1匹。

ちょっと様子が???としり込みしていたのだけれど、鳴いてわめいてソソウをするということはありませんでした。
慣らし作戦の時に計った体重計には、素直に乗れなかったものの。
相方と乗ってみたり、チビとのってみたりした挙句にようやくシングルで乗ることができました。

体重9.4K

名前を呼ばれて診察室へ
ここでも場に慣らすこともあり、ゆっくりカウンセリング&フィラリア予防の説明を受けました。
スタッフの方からおやつを食べることはできませんでしたが、
床に置かれたおやつをパクリ♪警戒心は少しずつ薄れている模様。シメシメ

しかし、検査前におやつなんていいんでしょうかねぇ?人間の診察では考えられないわ。なんておもいながら、そのうちにご褒美がなくても受診できるようになればいいやと楽な方へ流れていきました。f(^^;)

そこへ先生登場!
吼えるか?と思ったけれど、ソワソワする程度で、この場面もOK
やっぱり、自分で診察台に乗っけて、抑えなきゃいけない。。。。。。
「飼い主さんのワンちゃんですからね。」なんて言われてしまいました。わかってるワイ!そんなこと。そこで、腕の傷をみせ、抑えることは平気なことと、ただただ、ハナに獣医さんを嫌いなところだと思わせたくない事を話したら、納得してもらえ奥の診察室であずかってするよりハナの気をそらしながらする事にしてもらえました。
そこで、私が抑える人、先生は採血、スタッフの方がおやつで気をそらすてな具合で、
ちょっと抵抗したけれど、すぐ終了しました。ヤッター!!

結果を待っている間、診察ブースから出たがりはしたけれど、そわそわする程度で、何度も何度もおすわりをしてみせ、「いいこだから出して。」って催促するのには笑えましたが、先生から結果を聞いている間にもおびえることはなく診察室を後にしました。

フィラリア予防の薬も待合室で食べることができ、ご褒美のおやつまでもらって、ここはいいところだ!の意識改革作戦も決行。
こんなにおやつで釣るのには、抵抗があるけれど、これも数度で済むと思うので、まず第一段階はクリア。

無事に獣医さんを後にすることができました。
我が家の周りには蚊も多いし、採血をしなくていいことから1年コースにし、病院に慣らすために薬も通院コースにしました。
次回、すんなり病院に入れればハナの記憶に悪い印象を与えなかったと判断します。
どうなるかな?

今日はぽかぽかいい陽気、チョビとハナのツーショト
b0022165_13594291.jpg

[PR]
by haruhanayo | 2005-04-23 12:34 | ペット

瀬戸会場の様子

瀬戸会場に行ったのは、4月2日。
詳しく書き直そうとおもったのですが、TBしていただいたので、そちらに追記しました。

こちら→ク~ル クル 来る
[PR]
by haruhanayo | 2005-04-19 19:24 | 愛・地球博

とても空いていたのにねぇ

始まる前は、万博、万博って、道路が込んでこまったなぁ~って思い込んでいました。
お友達が、ボランティアするって聞いていて、それまでの段取りとか…
いつも利用するドッグランへの道すがら、「間に合うのか?こんなんで。。。」
正直、あんまり歓迎モードではありませんでした。
それは、斡旋のあった前売り券購入の姿勢にも反映され、1期に家族分を購入したきり。

しっかし、TVに影響されやすい、私。
3月25日のオープニング番組で、すっかりその気になって;
春休みに入って、TVの番人と化したお兄ちゃんやらチビの報告もあり;
翌日には、前売り券を期間券に変更していましたf(^^;)

3月26日(土)18:50到着
ぜ~んぜん人気のない北ゲート。チビのクラブが終わってからなので、遅い時間ということもありましたが、それにしても人がいない。
いるのは、係員のみ。

駅の階段の目の前にゲートはあるのに、
チケットブースめざして、歩く歩く。

幸い空いていたので、ゆっくり説明を聞き、頼まれた分の期間券への変更と当初売切れになってしまった全期間券の変わりに、引き換え券を発行してもらうことが出来ました。

そしてはじめての万博会場へ。

ゲートをくぐったものの。前情報をなにももたないで入ったので、どこへいったらよいのやら。
マンモスはこっちねぇ~なんて、進んでいったものの人もいなくて、どうしたらいいのかわかりませんでした(汗;)
なにやら張り紙がしてあるので、のぞいてみると。。。。

「予約券の発行は終了しました」

なぬ?!

近くにいた係員に「何時までなんですか?」
係員:しどろもどろ

慣れない即席係員が、道を通行止めにするのですが、かまわずとおろうとするひと。
止められる人とすり抜ける人。

後から判ったのですが、マンモスラボの出口の道をつっきって移動しようとしていたようです。チビと一緒だった為かとがめられもせず、通り抜けに成功しましたf(^^;)

池の方からなにやら音が。
黒柳徹子さんの声が呼んでいます。

観客席みたいなところにいっぱい人がいるし、な~んにも見ていないけれど疲れたし、
座ろっか。ということで、席につきました。

そこが、こいの池。「こいの池イブニングショー」の始まりでした。

その後、大地の塔へ移動したけれど、そちらも終了。

グローバルコモン6で、唯一あいていた2つの外国パビリオンを見学して、万博会場を後にしました。

北ゲートのお土産やさんの混みようといったら。
お店の外にまで、列が出来ていました。

そんなお店を横目に、リニモにむかったら、こちらもキップ売り場がひどい込みよう。
到着した時の静けさは何だったの????

ハナママはトランパスを持っていたけれど、チビは子供料金のため乗車券を購入しなければならず、結局並びました。

乗車券は、会場に入る前に購入した方が良いようです。
ちなみに帰りは、万博会場西からのった場合には、精算も可能でした。

帰りのリニモは、ラッシュ時の通勤電車のよう。途中の駅で降りるには、
「すみませ~ん。おりますぅ~」の掛け声が必要でした。


これがハナママの万博見学の始まりです。
きっと国際博覧会、あとにも先にもこんなに身近に行ける事はないでしょう。
これは気合を入れて、制覇してみようかしら。と開幕前とはぜんぜん違う気分になっていました。

グローバルコモン6
ラオス館  真中にはなにやらお寺みたいな建物あり。
        建物を中心にまわりには民族楽器がおいてあり、おじさんが「鳴らしてみる?」とバ        チをわたしてくれました。
        「あっちにもタイコがあるからたたいてみてね~」
        そこで、景気よく「ゴ~ン♪」
        気持ちいいですよ。お試しあれ。

フィリピン館 自然のものがいろいろなものの材料になりますよ~ってな感じの展示。
         入り口にやしの皮で作った大きな球体が。
         受付にすわっていたおじさんが、チビにスタンプを押したチップをくれました。
         ゼスチャーで、あれだよと。
         なんと大きな球体の1ピースでした。
         なんともネイチャーな展示室。木の皮や繊維がいっぱい。

オーストラリア館  入り口がしまっていたので、開いていた戸口へ
            おみやげコーナーでした。
            ちょっとずうずうしく逆走を・・・・
            なにやら大きなカモノハシが!
            でも、今日はここまで。後日リベンジ。

こいの池イブニングショー
         ウオータースクリーンに映し出される鮮やかな映像。
         池の真中には大きな猿が。
         ストーリーはなんだったのやら
         疲れた足を癒すには最適かも。
         ただ、そのまま根が生えてしまわないように(笑)
[PR]
by haruhanayo | 2005-04-18 18:54 | 愛・地球博

はじめてのお外

お日様にあたらないのは、人でも猫でも良くないはず。。。

でも、我が家はこんな街道沿い
b0022165_2031838.jpg

この街道で、数度動かなくなった猫たちを見ています。
とても外へは出せません。



そこで、リードにつないで出してみました。

b0022165_2024653.jpg

b0022165_2022129.jpg


チョビにとっては、ありがたい話じゃなかったようで。。。。

ミャゴーミャーゴ~。

ミモザの剪定のあいだず~っと。鳴いて?叫んでおりました。
車の音に驚き。人の動きにびびり。

b0022165_2112261.jpg


倉庫が一番落ち着くようです。
でも、この倉庫の壁のむこうは、上の写真の道路なんですよ。




ず~っと気になっていたお化けミモザ。
花も吹き飛ぶようになったので、すっきり剪定しました。

ちょっとやりすぎたかも
でも、おかげで、やっとハナミズキに日が当たりました。
b0022165_21151820.jpg

     ミモザの一部ハナミズキやっぱりやりすぎたでしょ。上の写真、隣のきんもくせいと比べてください。
半分は切ったかも。

夏に向けて、芽吹くかしら・・・・・これまた実験です(笑)
[PR]
by haruhanayo | 2005-04-17 21:23 | ペット

ハナぐみさん

はーい みんな ならんでーハナぐみさん上手に並べましたか~?
「コメして・動物キャップゲッチュ」企画でmimi.tamaさんより
プレゼントが届きました。
b0022165_23253149.jpg


ナ・ン・ト男前ダイちゃんも一緒です。
ハナとチョビの仲をとりもとうとmimi.tamaさんのところから
駆けつけてくれました。ありがとう(涙)

とてもよく似ています。ほら、背中の模様もばっちり!

b0022165_23265671.jpg


とってもかわいい表情でついつい浮気心が。。。

ダメだわ。ヤキモチきょうだい達におそわれるぅ(笑)

mimi.tamaさんありがとうございました。
[PR]
by haruhanayo | 2005-04-14 23:20 | ペット

研究員に変~身

花粉症まっさかりか、学校が始まったからか。。。
待合室は、人・人・人!

え~っ。終わったら万博行こうと思ったのにぃ。

待合室で、宿題を済ます子供の多いこと。みんな慣れっこになってるのね。
アレルギーの治療は長いもの。

で、結果は…

①明日から日曜日まで60滴を続ける。
②4日間の中で、2回ジンマシンが出た段階で、58滴にもどす。
 (連続じゃなくても)
③2回出なかった場合は、次回診察まで60滴を続け、何度ジンマシンがでたか報告する。

今回は、身長・体重ともに申告しましたが、とうとうグラフの下線をきってしまいました。
いつまでもちっちゃくていいじゃない。女の子なんだし・・・なんて思っていましたが、これは要注意???とのんきな私。
でも、本人は深刻だったようです。大丈夫だよフンダラカンダラ~~。なんとかフォローしておきました。
明日、ネットで背の伸びる方法探しておいてあげるから~。といったら安心しておりました。

アレルギー症状が出て、鼻呼吸があやしくなってきているのを察知した先生に、「次回は呼吸の検査をします。」と言われました。

以前、ハナママが咳喘息になった時に受けた検査ですけど、あんなややこやしいもの子供に理解できるのでしょうか??先生におまかせしましょう。

次回診察までの2週間、研究員になったつもりで、記録をつけなきゃ。
[PR]
by haruhanayo | 2005-04-13 23:20 | 経口減感作



2001年巳年のハナ、2013年巳年にジャックラッセルのなつ 人見知りのハナに比べ好奇心旺盛のなつ おでかけ&日常を綴っていきます。
カテゴリ
ペット
経口減感作
しつけ
おしらせ
風景
愛・地球博
日常
ネコ
ハナのこと
おでかけ
以前の記事
エキサイト以外のリンク
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧